マンション購入 抵当権を調べる


中古のマンションを購入しようとして、そのマンションの登記簿謄本を調べたら
「抵当権」がついているということはよくあります。

「抵当権」とは、そのマンションを担保に入れてお金の融資を受けている場合につきます。

また「根抵当権」というのもよく耳にすると思いますが、「根抵当権」は、
そのマンションを担保に入れて、限度額が設定されるのでその限度額の範囲の中であれば
自由に借りたり返したりができるものです。

じゃぁ、このマンションの購入はまずいんじゃ!?と一見思ってしまいますが、
その借入金を次の買主が引き継ぐことはありません。

なぜかというと、まずは不動産会社が物件の残代金を支払い時に
クリアにされるかを調査しますし、司法書士も確認します。

それに、銀行がローンを組む際に抵当権が抹消されないと融資しませんので、
もし抹消されていなかったとしても購入前には気付く仕組みにはなっています。

が、こういったトラブルはよく聞きますので、きちんとしていない
不動産会社などであればこういう事故も免れません。

ですので中古マンションなどを購入する前には、そのマンションの登記簿謄本を
良く調べて自分でも確認するということが失敗しないための作業だともいえます。

何もかもお任せでは、いざというときに後悔しか残りませんから、
自分でできることは自分でも確認していかなければいけませんよね。


【マンション購入 売買についての最新記事】
posted by 憧れの新築マンション購入 情報 at | マンション購入 売買について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。