新築マンション 登記費用 相場は


新築マンションの広告を見るたびに、「こんな素敵なマンションに住みたいわぁ」と
夢ばかりみています。

新築マンションを購入した友達に話を聞いたら
「家賃と同じくらいの住宅ローンを組めたから、どうせなら
自分の所有物になるんだし買ったんだよ」という事でした。

そんな感じで新築のマンションを買えるのか??と思って早速調べてみました。

まず、マンションを買うのに必要な経費ってなんだ??
◇現金で支払うモノ→諸費用(物件価格の5%〜10%)+頭金
◇ローンで払うモノ→住宅ローン+ローンの利息なのですが、
 物件価格は≪頭金+住宅ローン≫です。

なので3000万円のマンション購入を考えている場合、頭金以外に必要な現金
150万円〜300万円という事になります・・・。

その諸費用の内訳が
 売買契約時(手付金・印紙代・)
 ローン契約時(印紙代・融資手数料・ローン保証金・
        団体信用生命保険・火災保険・地震保険)
 残金決済・物件の受け渡し時(売買代金の残金決済・不動産の登録免許税・
               司法書士への報酬料・修繕積立金・管理準備金等・
               固定資産税・都市計画税)
 入居時(引越し費用・家具などのインテリアなど)

マイホームを我が手にするまでには、こんなに沢山のプロセスと
お金が必要になるんですねー。

さて、少しでも抑えられる出費があるのなら、抑えてみたい!いや、
抑えてみせる!という根性と知識のある人は、自分で出切るモノは
自分でやってしまうみたいです。

自分でできるものといえば、「登記費用」だそうですよ。

そうなると「登記費用」の相場が非常に気になります。

評価額が3000万円の物件だとすると、登記費用の相場は、所有権保存登記に18万円。
司法書士への報酬が3万円弱。というのです。

ん?どういうことかしら?と思って、
更に調べると登記費用は2つにおおきく分かれます。

免許税と登記代行手数料。建物表題登記の免許税は0円、
保存登記は評価額×税率ですので数万円になるようです。

登記代行手数料が2つで10万〜20万。ということなので、
この登記の代行手数料を自分で行って出費を抑えるという方法のようです。

知識と時間が必要ですね・・・。

posted by 憧れの新築マンション購入 情報 at | マンション購入 ローン.頭金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。